スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての愛がゆるされる島

すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)すべての愛がゆるされる島 (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
杉井 光

商品詳細を見る


普段ラノベばっかり読んでる身なので
(一応)一般文芸を読むのは久しぶり。ちなみに前に読んだのは橋本紡の流れ星が消えないうちにだったでしょうか。
って、どっちもラノベ作家じゃん。

叙述トリックと2段階のメタフィクションを用いた非常に上手い構成になっています。
基本的に一人称小説ですが、章毎に視点がコロコロ変わるやつですね。
で、それぞれの視点は例によって文体、特に一人称の呼称で区別をつけられますが
時間軸も入り組んでいるので、ある程度頭を使いつつ読まないといけません。
これはこれで楽しいんですけど。

杉井の一人称での心理描写が秀逸なのはいつものことですが
今回はそれに叙述トリックを組み込んだことで
テクニカルさが増している感じですね。
おそらく2週目でやっと理解して読める、という感じがします。
僕はまだ1回しか読んでいませんが。


こういうのを2冊続けて読むのは体力を使うので
次は何も考えずに楽しめる乃木坂でも読もうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。