スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキーチャンス!6

ラッキーチャンス!〈6〉 (電撃文庫)ラッキーチャンス!〈6〉 (電撃文庫)
(2009/12/10)
有沢 まみず

商品詳細を見る


ハルヒならみくる、ハヤテならヒナギク派の僕は
もちろん良子派ですね。正統派ヒロイン万歳。

さて気がついたらもう6巻になっていたんですね、ラッキーチャンス!。
まあ1巻が出たのが丁度2年前。月日の流れは早いものです。
ここへきて急に話が進み始めましたね。
雅人の過去にはやはりストーリー上かなり重要なエピソードがあるようですね。
今まであまり触れられず、本筋にも絡んでこなかったので
全く覚えていませんでしたけど。

各人物における過去、そして血筋など
このあたりの設定は割と早い段階からまみずは決めてあったんだろうな、と思います。
今まで超小出し小出しにしていたんでしょう。


三人称視点っていうのはつまるところ「神の視点」から描いているわけですが
本来全てを理解しているはずの「神」があえて推測でものを言う、そしてこれを多用してみる。
今回あった(以前もあったのかもしれないけど)こういう表現は面白いですね。
絶対正しいんですけど、これを推測で語らせることで
登場人物の心理を作者サイドから読者にサイド持っていくことができ、
結果として感情移入しやすくなりますね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。