スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料Ⅱ

狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫)
(2006/06)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


2巻にして早くもホロとロレンスの立場というか関係というか出来上がってますね。
まあ1巻のときでも既にある程度固まっていたんですが。
今となっては10冊を超える長期シリーズになっていますが
この頃はさすがにここまで続くとは思ってなかったんじゃないでしょうかね。

この二人のやり取りは本当に見ていて清清しいですね。
お互いの信頼の上でこそ成り立つ関係と言えます。
比較的平和な旅物語にもかかわらず(他のファンタジーはもっと血生臭いことも多い)
これだけ引き込まれるのは単にいすなっちの上手さあってこそ。
文字も詰まっていて頁数も多いのにすらすら読めますよ。

ちなみに彼が一番秀逸なのは獣耳と尻尾の描写であることは言うまでも無い。
杉井や峰守も頑張っていますが先駆者には適いません。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。