スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
(2007/01/29)
井上 堅二

商品詳細を見る


以前からずっと読みたいと思っていたのですが
なかなか買う機会も読む機会もなくて先延ばし先延ばしになっていましたが
ようやく読むことが出来ました。
別にこのラノ読んで、っていうわけでは決してないですよ。
ばけらの!美少女が出始めたころから読みたかったんですけど
ついつい既刊よりも新刊を買ってしまっていたので。

たしかに評判通りの面白さはあります。
ただ、決して文章は上手いとは言えないし、
ギャグも生徒会ほど洗練されていないんですよね。
このラノって、ある程度ストーリーや文章がしっかりしているものでないと
上位ランクインって難しいんですよ意外と。
人気だけでは決して上位にこれないんですよね。
だから中身は温いラブコメで萌えヲタに媚を売ることで
売上を伸ばしている(決して悪口ではない。これも一つの手法。)
れでぃ×ばとや乃木坂はランクイン出来ていないですし。

所々「やるなぁ…」と思わせるところもあるのですが
やはり物足りないところも多いです。
例えばメインとなる試召戦争のシステムの説明がイマイチ。
本筋は日常モノであるが故にその中に少し非日常要素を入れようとすると
それの説明に量を割くことは難しいんですよね。テンポが悪くなるので。
だからある程度限られたスペースで独自のシステム等は説明する必要があるのですが
本作は決してそれが十分とは言えないと思います。
なので頭の中でシーンを理解するのがとても難しいんですよね。

弱者があの手この手を使って
上の者を打ち負かすというストーリー自体はとっても好きですよ。カタルシスカタルシス。
最後にはきっちりオチもつきますし。


話は戻って、且つ前述とは矛盾するんですが
この作品こそキャラで売っている感じはあります。
このラノを見れば明らかでしょうけど。
そりゃ小説においては無個性より個性が強いほうが良いんでしょうが。
かといって、僕はそれほど秀吉に魅力を感じないんですよねぇ(1巻読了現在)。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。