剣の女王と烙印の仔Ⅲ

剣の女王と烙印の仔III (MF文庫J)剣の女王と烙印の仔III (MF文庫J)
(2009/10/21)
杉井 光

商品詳細を見る


つるこレビューも2回目。
つまりブログを始めてからようやく作品リリースの周期も一回り、といったところでしょうか。

前回のレビューでも言ったようにやはり今回の鍵になったのはジュリオでしたね。
今後、彼が銀卵にとって敵になるのか味方になるのか。
それによって今後の展開も大きく変わるでしょう。

今回一番の見所は個人的にフランだったかなぁ…
リーダーとして普段極めて気丈に振舞う彼女の内面が
かなり黒く描かれています。
それを見て過ごしてきたパオラが冷酷な判断を下すようになったのは
戦場という状況ゆえでしょう。

以前言いましたがフィクションにおいて
主人公「俺Tueeeeee!!!」設定は強さのインフレを招くといいましたが。
本作もその気配がしますね。
結果としてカーラがとてつもなく強いキャラになりそうです。
次回以降本腰を入れて師弟関係が描かれるでしょうが
基本的に師匠キャラっていうのはジョーカーであって(例:るろ剣)
本筋に絡ませるのは危険極まりないと思いますが。
今後ジュリオなりミネルヴァなりジルなりクリスなりが彼女と戦うことになるのは必至でしょう。
で、うっかりすると更にインフレしかねない、とね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード