スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小春原日和の育成日記

小春原日和の育成日記 (電撃文庫)小春原日和の育成日記 (電撃文庫)
(2009/10/10)
五十嵐 雄策

商品詳細を見る


乃木坂春香でおなじみの五十嵐雄策と初のラノベイラストになる西又葵を組み合わせた
かなり「売る気」の作品なんだろうと思います。
実際売り上げも新作としてはまずまずなんじゃないですか。
上にはキノとAW、ロウきゅーぶ、かまちーあたりですね。
しかしこうして見ると改めて今年の新人2人のバケモノさがよく分かる。


さて、文章もキャラクターも乃木坂と大して変わりません。
なので、あっちで楽しめてる人は読んでも全く問題ないです。
逆に、あれが読めない人には厳しいかもしれません。
五十嵐雄策の大きな特徴として
くど過ぎる直喩の多様と主人公のハッキリしない言い回しというものがあります。
(ちなみにこれの弊害として文字数増→頁数増→値段増というものもあり)
これはおそらくかなり人を選ぶと思います。駄目な人は絶対駄目だと思う。
そもそもラノベというジャンル自体まどろっこしい表現が好まれるジャンルではあるのですが
この人の場合それが300%増しなくらいで、とにかくしつこい。
逆にそれが平気なら何も考えずにだらだら読むには丁度良い作品です。
欝要素とか無縁。本人もそれを目指しているようですから。
そういう需要は確実にあるでしょうからね。ラノベというジャンルに限れば。

ストーリーに関しては乃木坂が基本1話完結なのに対し
こちらはもっと長編的です。
それゆえ今巻では全体で見ればプロローグ的な位置にあたることになりそうです。
少なくとも次巻以降への引きを見る限りではそう感じました。
ただストーリー的に今巻では物足りなさも感じます。
というのも、せっかくヒロインを地味っ子からお嬢様に育て上げるという
シンデレラストーリーが根幹にあるというのにそれを活かしきれていない。
もっと駄目人間たちによる特訓とその都度の成長の描写を丁寧にして欲しかったところです。



2週間で4冊消化。決して悪くは無いペースです。
ただ今週末には一迅社とMFの新刊を計3冊買う予定。
まだまだ断続的に読み続けなきゃ積みが減っていきませんね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。