狼と香辛料

狼と香辛料 (電撃文庫)狼と香辛料 (電撃文庫)
(2006/02)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


この歳にもなると色々と時間が無くて
10冊以上出てる既刊シリーズモノを読み始めるのって勇気がいるんですけど。
まあでも評判いいわけだしいすなっちだし何故か持ってるし(昔買って読まなかっただけ!)
読み始めてみました。

電撃は何故か銀賞が伸びる、っていうのは
やっぱり昔かららしく。極東も同じことを思ってたとか。
杉井とか。まみずとか。蒼山サグとか。一色(は全く伸びていない!)
ケツバット?ああそんなのもあったかもしれない気がしないでもない。


さて。作品について。
評判どおり文章は上手いです。
ホロがうまくロレンスを手篭めている感じがいいですね。
それでいて時折ホロも弱さを見せるところが人間味があっていいんですよ。狼だけど。

もちろん本作の魅力はキャラだけでなく。
派手なアクションがあるわけでもないのに惹きつけられるのは
設定がよく練られているからか。
伏線を大げさに張ってあるわけでもなく
かといって決して唐突に物語が進むわけでもない。
張ってもいない伏線を回収しながら話が進む感じです。
でも設定がよく練られているために全く違和感が無いんです。
このいう組み立て方は初めて見る気がします。これは秀逸。

あと12冊くらい?追いつくまでにどれだけかかることやら。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード