スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えでぃっと!-ライトノベルの本当の作り方?!-

えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?! (一迅社文庫 み 4-1)えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?! (一迅社文庫 み 4-1)
(2009/09/19)
箕崎 准

商品詳細を見る


一迅社が例のブログでぼちぼち言っていたラノベ制作モノですね。
今までとは違って編集視点=EDITというわけですね。
ばけらのやらラノたのやら同様一応主人公が作家という設定ですが
メインヒロインが編集者なのでそちらからの視点、要素が多めなのは確かに新しいです。

主人公=作家、ヒロイン=担当編集、絵師、幼馴染と
キャラ設定はいたって普通のエロゲ配置。
ちょっと幼馴染が飛ばしすぎな感はありますが
全体的にキャラはそれぞれそれなりに立っています。

ただストーリーが全体的に淡白ですね。文章自体も上手くないなと思ったら
本業はゲームの方なんですね。納得。
個人的にゲームとかのシナリオ上がりの作家よりも
往々にして新人賞受賞者の方が上手いと思っているので
出来るだけ受賞者から開拓していきたいと思っているんですが。
まあここはテーマ勝ちな気がするかな…今回はT澤にうまくやられた気がする。
というか今気づいたら一迅社文庫で買ったのは殆どT澤担当のものばかりだ。
所詮H田は新人の域を抜けられていないってことね。
いずれにしても2巻以降も出るならば買うつもりではあります。

来月の新刊に『あかね色シンフォニア』とやらがあるようですが
>「楽器が弾けなくても、音楽は創れる!」
>DTMに"打ち込む"少女たちの、音楽部活動コメディ!
…一迅社はピンポイントで僕好みなところをついてきますねw

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート




ストラトのその後。
配線終わったと思って音を出してみたら音が出ない!
いや出てるけどめちゃくちゃ出力が小さくてどうにもならない状態。
アースは一応落ちているみたいだし配線も間違ってない…何か壊したかしら?
とりあえず原因が全く分からないので回路1式アキバ行って調達してきました。
たまには東京出るのもいいよね!というかSWにモラー○ュにしか出かけていないというのもアレだし。
ついでに初めてトモカ電気とか行きましたよ。なるほど赤井氏が最高と言うのも分かる気がする。
ああいうおバカな店は好きです。入り口にあったTASCAMのミキサーがちょっと欲しい。
というわけでホントはコンデンサと線材だけ換えるつもりだったんですが
ピックアップの線から先は全とっかえ。
スイッチはどうせハーフトーンなんて使わないから3WAYに。
ポットも買い、ジャックもスイッチクラフト製に。(そしたらジャックが上手く入らず苦労するハメに)
とりあえず完成です。以前より音にコシが出た気がします。気がします。

ちなみにハンダづけの写真はアップしません。恥ずかしいから。
でもブリッジチタン製はちょっとやりたいかも>赤井氏
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。