FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のメモ帳9

15.jpg
神様のメモ帳 (9) (電撃文庫) 文庫 – 2014/9/10
杉井 光 (著),‎ 岸田 メル (イラスト)



これも8巻まで読んで止まってて(刊行自体の間も空いてたってのはありますが)
最後までちゃんと読めて良かったなぁと。

あとがきを読めば分かりますが本作はエピローグ部分は先に完成していたらしく
そこにどう持っていくか、という事件の作りになっています。
鳴海とアリスの別れ、そして再会を描くための最終巻ってわけですね。

本編中も今まで以上に
二人の間の深い絆を覗える描写が多数です。
まあ現実時間では1巻から完結まで8年も経っているので
そのくらいはしてもらわないと読んでても…ってなりますし。
(個人的にはそこから更に3年経ってようやく読んだわけですが)
これもあとがきで述べられていますが
最後の再会のシーンだけ鳴海の携帯がスマホになってるんですよ。
時代はゆっくりと、しかし確実に変化しているのだなぁと痛感させられるシーンでした。


僕にとっても思い入れも少なくない作品だったので
最後まで読めた、そのことが何より嬉しかったなと。
そう思えた1冊でした。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

機材おじさん

Author:機材おじさん
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。