スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウきゅーぶ!11

ro11
ロウきゅーぶ! (11) (電撃文庫) 文庫 – 2012/10/10
蒼山 サグ (著),‎ てぃんくる (イラスト)


何の因果かレビューの休止したロウきゅーぶから再開してみようかなんて。
サグ先生は天使の3Pが絶賛展開中ですが実はアニメ合わせでそれを読み始めたのが
ラノベ熱再燃のきっかけの一つだったりしたり。

いずれにせよ僕がラノベから離れてる間にもうしっかり完結してたので
1巻から読み返してようやく10巻まで追いつき残りの11~15巻を買ったのがつい先日。
街の本屋さんにはもう在庫置いてなかったりするのでアキバのメイトで買ってきました。


前置きはそんなもんにして本巻について。
前々巻での布石通り、「5人で出られる」ルールでの大会開催と
そこでの6年生vs5年生との構図、そして合流して公式戦へという
大まかには想定していた通りの物語の進行でした。
まあ5年生が5人揃った時点で誰だってそれは予想つくよね。

中盤以降、大会のシーンではこれでもかというくらい濃密な対5年生戦の描写が描かれています。
6年生達の積み重ねてきたもの、またそれに対してとにかく強烈な対抗心で挑む5年生の構図。
ともすればワンサイドになってもおかしくない展開を接戦に持ち込ませた葵の戦略の描き方は見事でした。
毎度となる試合の決着のシーンは「誰がどう決めるのか?」で印象も変わってきますが
今回は昴と智花の強い絆が勝った、それがきちんと表現されてたかなと。

硯谷との因縁もまた一つ増え、恐らく対戦するであろう公式戦が楽しみになる、
そんな大会の締めくくりでした。


余談ですが酔って甘え上戸になる智花めっちゃかわいいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

機材おじさん

Author:機材おじさん
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。