スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして輪廻の果てへ飛び下りよう 終わりなき夢に落ちて行こう

12年乗り続けてきた愛車を手放してきた。
今の生活スタイルには必要なくなり、所有する物理的・金銭的な余裕とメリットが無くなったからだ。


車好きな父と兄に囲まれて育った僕が
同じように車好きになることは至極当然だった。
18になり、免許を取った僕に
父は「クルマを買ってやる」と言ってくれた。

我が家はべらぼうに金持ちというわけではなかったが
父と母が共働きな上に堅実な性格だったので経済的には裕福な方だったのだろう。
もちろん地域柄、車の所有が一家に一台ではなく”一人一台”が当たり前だったのと
前述の通り父自身もクルマ好きで、僕にも「運転の楽しさを知って欲しい」と
そんな思いももしかするとあったのかもしれない。

買ってくれるとは言ったものの免許取り立ての大学生に対して
GT-RだのZだのを与えてくれるわけはなく(父自身は基本的に日産党だった)
父が提案してきたのは軽の数車種だった。
一方僕も基本的には父がお金を出すこともあり多くの注文はつけず、
車種やグレードは全面的に父に任せることにした。
兄はインプレッサに乗っていたし、本当は当時好きだったランエボに乗りたかったが
保険はバカ高くなるし乗るのならば自分で稼いでから買えばいいと思っていたので
特に何かに拘ることはしなかった。


wagonR_inpane_fix.jpg


たった1点だけ、「MTで」という条件を除いて。



当時の日産は軽自動車市場に参入してまだ数年しか経っておらず
中古市場のタマ数が少ないこともあってメーカーにはこだわらず
(そもそも既にMT車のシェアは激減していたし日産がMTの軽を作っていたか知らない)
父が選んできたのは1台のスカイブルーのワゴンRだった。

wagonR_fr_fix.jpg


当時で3年落ち2.5万km、FMC後だったので1代前のモデルだったはず。
つくばの中古車店で58万円だっただろうか。
学生のうちは維持する金もないので
購入から名義からメンテナンス費用からすべて父に持ってもらった。
僕の負担はガソリン代くらいだった。
そうして我が家にこいつがやってきたのが僕が18の冬だった。


今の軽と違って規格が緩和された直後くらいの設計思想だったので
お世辞にも乗り心地が良いとか走りが軽快とかハンドリングに優れてたりとかは
とてもではないが言える車ではなかった。
高速に乗れば90km以上出すと安定性に欠け
そもそもNAでパワーもないので
高速乗るのに5速で3500rpm以上はエンジン回さなきゃいけなかったし
足回りは貧弱で段差があればパンパン跳ねるし
カーブを曲がろうものならふわふわして食いつかないし
ボディの剛性も大した考慮はされておらずドアを閉めれば鉄板のような音がした。


それでも僕は何だかんだでこのクルマで走るのは好きだった。
パワーこそ無いけれど2速や3速にいれるときのシフトワークは
スコンスコンと心地よく、またクラッチを繋いでアクセルを踏み込んだときに
ダイレクトにエンジンの回転が伝わっていくのを全身に感じられる
そんな”クルマで走る楽しさ”があった。




学生の頃はバイト先と家の間を毎日のように往復し
時折バンドの練習のために大量の機材を積み込んでは高田馬場に向かった。
車高の高さがあったのとリヤシートを倒しフラットにできたので荷室は軽の割りには広く
機材を積むには便利だった。
思い出深いのは現役最後のサークル合宿に行ったときだ。
最終日、恒例のライブを朝10時から始めて
夜通し歌い、鳴らし続けて終わったのが翌朝7時。
そのまま昼過ぎに合宿所を出て、睡魔と戦いながら運転していたものの
関越トンネルを抜けたところで力尽き、谷川岳のPAに着いたところで社内で仮眠をとったら
気が付くと夜の9時。そんなこともあった。
今では絶対できない、20歳という若さだからできた無茶だった。


大学を卒業し、就職を機に名義を父から僕に変えた。
それと同時にメンテの費用も僕が出すようにした。
名実ともにこのクルマは僕のものになった。



社会人となると典型的なサンデードライバーになった。
向かう先も近場のショッピングモールやハードオフが多かった。
それでも休日に一人で出掛けるときはいつも乗って行った。
職場は実家からほど近く(高校や大学より近かった)
あの土地に住んでる以上、車のある生活というのはそれが当たり前だった。




一度だけ、ワゴンRを手放そうと考えたことがあった。
社会人になって数年、大した無駄遣いもしなかったのと実家暮らしだったのとで
比較的金に余裕があったのでインプレッサワゴンでも買おうかと思ったのだ。
とはいえ現実的に2台維持することにメリットもなく
買ったらワゴンRは手放すつもりだった。
知り合いの中古車店のオーナー(当時の取引先)に予算とグレードの希望を伝えると
「タマ数そんな多くないからそれなりの程度を探すなら時間かかるなぁ」と言われた。
財布に余裕はあったとはいえ、色々考えてローンを組むつもりでいた。
ローンを組んだら大して好きでもないその時の仕事を続ける理由ができると思っていたからだ。


運命の悪戯か、その仕事の先行きを案じ
また仕事自体に価値を見出せなくなった僕が上司に退職する旨を告げたのは
オーナーから「クルマ見つかったよ」と電話を受ける3日前のことだった。
インプレッサは欲しかったが仕事のためにローンを組む理由がなくなっていた僕は
電話口でオーナーにキャンセルする旨を伝えた。
申し訳ないことをしたなと自責の念に駆られていた。
オーナーには退職の前日に挨拶をしてきた。快く送り出してくれた。



そうして僕はワゴンRに乗り続けたままニートになった。
ニート時はべらぼうに時間があったので近所にいくつも有る日帰り温泉をよく巡っていた。
ゆっくりと湯舟とサウナに入った後、スッキリした気分でのドライブはまた格別だった。

また、トリプルファイヤーOガキに誘われて草野球を始めた。
練習場所は大学からもほど近い新宿近辺が多く、土地勘もあったし荷物も多かったので
これもまた車で出掛けていた。
アラサーにもなって白球を追って汗を流すようになるとは思ってもいなかった。



ニートを2年ほど続けた後、ずっとやりたかった仕事に
ひょんなことから就けることとなり、また働くことになった。
追い求めていたものがその仕事にはあった。天職だと思った。
偶然にも職場は草野球のホームグラウンドからほど近い場所にあり
何か運命めいたものを感じた。
基本的には電車で通っていたが勤務時間が不規則なこともあり
終電に間に合わないことが分かってる日も多々あり、そんな日はやはり車で通っていた。
帰宅すると深夜の3時とか4時なんてこともザラだった。


さすがに通勤負担が大きいと感じ、都内に引っ越すことにした。
ワゴンRは実家に置いたまま、初めての一人暮らしと初めての車の無い生活が始まった。
新宿からほど近いこの場所では車は必要なかった。
買ってから7回目の車検を迎えることを契機に、今度こそ手放すことを決意した。



ディーラーに持って行くべく実家にワゴンRを取りに帰ると、
今度実家近くに家を建てるためその手続きに兄が来ていた。
結婚し、娘が生まれ、その娘が小学校に上がる前に家を建てようというらしい。
兄には訳あって一時期ワゴンRを貸していたこともあり、
僕ほどではないにしろ思い入れはあるようでディーラーに一緒について来た。

僕が保険やら何やら手続きしている間、兄はアルトワークスに試乗していた。
手続きを終え、ディーラーを後にしようと外に出ると丁度兄が試乗から戻ってきたところだった。
グイグイ走る、乗っていて「楽しさ」を演出してくれる良いクルマらしい。
兄は気に入ったようで「次はこれ買おうかな」なんて冗談めいていた。
家庭を持つに際して、かつて乗っていたインプレッサこそ手放したものの
既にミニバンと軽を所有している上に、先日はとうとう念願だったWRXを
再度購入し、これから家を建てる兄はローンが大変だとボヤいていた。
「そんなにクルマあっても大変じゃない」と僕が言うと
兄は「好きなんだからしょうがない」と言っていた。
ごもっともだ。それ以上の理由なんて必要ない。
僕はクルマ以上に好きなことを仕事にすることを選び、車を手放した。
それだけの違いだ。



兄は帰りに駅まで送ってくれた。
その車内で「二人目ができたんだ」と僕に告げた。
みんなそれぞれ違う人生を歩んでいる。




今 変わっていくよ
スポンサーサイト

テーマ : 愛車
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント



プロフィール

機材おじさん

Author:機材おじさん
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。