スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜色の春をこえて

桜色の春をこえて (電撃文庫)桜色の春をこえて (電撃文庫)
(2011/11/10)
直井 章

商品詳細を見る


拾い上げの新人さんですね。
正直買うかどうか悩んでたのですが
担当が湯浅さんだったことを決め手に、購入。
ちなみにこれを買わなかったら2007/11から続いていた
電撃の新刊を毎月必ず買い続けていた記録が途絶えるところでした。
(何その超個人的な理由…)

さて、肝心の内容ですが
まずラノベっぽくありません。
高校生少女二人のストーリーですが
ラブコメもバトルもSFも超能力もありません。
ちょっと家庭環境に恵まれなかった、普通の女の子の物語。
系統的には桜庭一樹の名作、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』から
ミステリ・ホラー要素を抜いた感じでしょうか。

一見不良少女、ただその中身は周りを思いやる優しい子。
そんな澄多の素顔が徐々に分かっていくうちに
主人公・杏花とともに彼女に惹かれ、
仲良くなりたいと読者に思わせる過程と
最後の最後に悲しいながらもスカッとする結末をもってきてくれます。


女主人公、ラブコメも百合も無し。
ラノベでやるにはいささか冒険的ではありますが
不思議と感情移入はし易かったですね。
近年のサラっと読める中身のないラノベにも
飽きてきた人にも薦めたい作品です。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。