スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わりと三冠馬

金曜の夜。
疲れてむしゃくしゃして仕事を全て丸投げした。
午後6時。電車に飛乗る。北千住で日比谷線に乗換、中目黒からダッシュ。
代官山UNIT、SuiseiNoboAzワンマン。


今、東京で一番カッコいいバンド。
これだけ凄まじいライブをするバンドが他にあるだろうか。
飛んだ。飛びまくった。
本編ラスト、水星より愛をこめて→メキシコかアイダホ、
そしてアンコールでプールサイド殺人事件→Happy 1982。
なんて熱いんだ。色々語る気はありません。
最高のグルーヴを、最高のプレイヤー達が生み出している。
その場に居合わせたことだけで幸せでした。

個人的には石原さんは昔から見てたこのcoronadoⅡのイメージが強い。





さて、話は変わって日曜日。淀で新たなヒーローが誕生しました。

完勝でしょう。4角で捲り気味に上がっていき、
直線入り口で先頭。あとは後続を突き放すだけの横綱相撲。
ハロン毎のラップも13秒台がないという厳しい展開にも関わらず
中団から一頭、次元の違う脚で抜け出したのはこの馬だけでした。
乗替りの多い昨今、池添JK一人で乗続け、育ててきた馬。
正に人馬一体での勝利でした。ゴール後に振り落としていたのはご愛嬌ということで。

この後はJCか有馬か分かりませんが
ブエナ、アーネ、更にはローズやピサ達最強4歳世代に
挑むことになるでしょうが、互角以上の勝負になるでしょう。
来年は海外も見据えているようですし、これから楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。