ニート吸血鬼、江藤さん2

ニート吸血鬼、江藤さん2 (富士見ファンタジア文庫)ニート吸血鬼、江藤さん2 (富士見ファンタジア文庫)
(2011/08/20)
鈴木 大輔

商品詳細を見る


鈴木大明神の描く一人称、というか会話文は
かなり味が強いです。一見して誰が書いたか解るレベル。
本作もいつものように大明神節っぷりはいかんなく発揮されています。

年上ヒロインって往々にして報われませんよね。大体咬ませ犬で終わります。
今回登場のむつみさんもそんな匂いがプンプンします。
僕は好きですが。というか僕と同じくらいじゃないかむつみさん。
全然そんな感じしません。この歳でひとり立ちできるってすごいよなぁ…

そんな本編とは関係ないことはさておき。
やはり大明神らしく前半から八分所まではグダグダと
江藤さんのダメニートっぷりを延々と描かれます。
で、最後の最後で一気に捲りたてて波風起こす、と。
中々気持ちを切り替えるのが難しいです読んでいて。
それほど前半と終盤の落差が激しいです。

前巻のように盛大なバトルも無いので
(ある種のバトルもあったがあれはラブコメみたいなものなので)
ちょっと退屈気味な今回。
正直テーマも終着点も見えないのですが
どういう方向に進むんでしょうね?コレ。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード