神様のメモ帳8

神様のメモ帳〈8〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈8〉 (電撃文庫)
(2011/09/10)
杉井 光

商品詳細を見る


あとがき参照すればわかりますが
雑誌掲載の短編とかアニメ原案に使おうとしたやつとかお蔵入りしてたやつとか
要するにリサイクル品です。
「原案できているから余裕だね!」って油断していると
大体杉井は〆切ブッちぎっているようです。まあいつもこんな感じみたいですけど。

一本目の四代目一家との家族麻雀(字面だけなら穏やかだけど実際は福本漫画ばりの異常レート)は
雑誌で既読でしたので多くは語りません。
まあこんな作戦提案したらあきれてモノも言えなくなるのは良く分かる。

さて、その後は1巻の忘れ物、エンジェルフィックス事件再びです。
なので今回のメインはやはり彩夏なんでしょうね。
四代目と対立したり、自分の進むべき道がわからなくなったり、
相変わらずウジウジ悩むナルミ君。
特に一年前のこの事件では、彼自身も傷を負っていました。
そういう点では彩夏をもう一度傷つけまいとするのはしょうがないのかもしれない。
一方、探偵故に依頼という形に縛られるアリスもまた苦しみ。
最後はいつものように帳尻を合わせるんですが、
結果としては誰も攻められない、どこか空しい結末にしかなりません。
まあ、仕方ないんでしょうけどね。

段々「家族」っていうのがなんなのか。それを問うストーリーが増えてきました。
前回の話しかり。今回の四代目の話だったり、アリスの周りだったり。
家族の愛が薄いから、彼らはNEETという形をもって
はなまるに集まって自分の居場所を確かめようとするのでしょうかね。


学校内でもいよいよナルミ君の悪名が知れ渡ってきました。
なんて残念すぎる高校生活でしょうか。
見てる分には面白いですけど。ナルミ君のツッコミ気質が引き寄せる定めでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード