スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生彼女サナ

寄生彼女サナ (ガガガ文庫)寄生彼女サナ (ガガガ文庫)
(2011/07/20)
砂義 出雲

商品詳細を見る


リアル知り合いが本当にデビューしました。
いろんな意味でレビュー書くのが難しいです。
なまじ中の人を知っているだけにね。
とりあえず受賞&デビュー作というご祝儀もかねて
読む用、保存用、布教用の3冊買いましょう。

内容は程よく厨二で程よく高二で程よく変態で程よくエモです。
普通の高校生男子主人公と人外ヒロインのボーイ・ミーツ・ガールですね。
使い古されたシチュエーションではあるので
如何にして人外ヒロインを斬新なものにするかが鍵になりますが
本作はタイトル通り寄生虫系ヒロインってことでかなりニッチな所をつついています。
ストーリー自体も基本的にはセオリー通りなので
桜のハイテンション変態痴女っぷりが逆に良いアクセントになっています。
この辺はしうさんっぽいですね。
まあ多少のやり過ぎ感も否めませんがいつもの砂義先生ならこんなの普通ですね。

そんな変態ハイテンションな前半を抜けると終盤は一転シリアス。
まあ、本作の主題はここでしょう。
人間、一人じゃ楽しくないよね!っていう。
あとがきやブログを読めば分かるかもしれないですけど
この辺は正に砂義先生もとい僕らの知ってるギモさんっぽいな、と。
ちなみに最後も安心のラブコメオチで落としてあります。
それともちろん報われない幼馴染が最高です。

かなり前半と後半でコントラストが強い作品です。
逆にどちらかに寄せても良かったかもしれない、とも思ったり。
ただそれやると多分売れないと思いますけど。商業誌って難しい。
本作に関しては綺麗にまとまっているので
個人的には続編よりも完全新作が読みたいところです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。