スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき

子ひつじは迷わない   泳ぐひつじが3びき   (角川スニーカー文庫)子ひつじは迷わない   泳ぐひつじが3びき   (角川スニーカー文庫)
(2011/05/31)
玩具堂

商品詳細を見る


毎度の如く短編3本をテンプレ展開。
ある種のド●えもん的お約束とでも言いましょうか。

と、思ったら今回は少し動きます。
今までは解決編で主人公が好き勝手引っ掻き回していましたが
今回の3本目、自らに直接関わってくるような相談事、
加えて彼が過去に犯した過ちを蒸し返すような内容だっただけに
まるで身動きのとれないなるたま。

そんな中、やはり打破すべく彼を焚きつけたのはやはり仙波でした。
この辺は佐々原ではダメなんでしょうね。
そこは登場人物の個性をうまく生かしています。
と、思ったら…え?結局ラブコメ展開?テコ入れ早くないですか?

前巻の終盤くらいから少しずつなるたまの気持ちが仙波に惹かれつつあるのは
分からないこともありませんでしたが、かといって
決定的な一打は描かれていなかったような気がするんですよね…佐々原に対しても同様。
一人称でそれぞれの視点がコロコロ変わるので
各キャラの深層心理がかなり読み取りにくいんですよ。描かれないから。
その上ヒロイン2人はそれぞれ一癖ある性格をしているので余計に。
だから今後安易にラブコメ展開に持っていくのは危険だとも思います。
ちゃんと練って、伏線もしっかり張った上でならいいんですけど。
それでなくてもこの主人公、例の如く片っ端からフラグを立てまくるタイプなので
下手すると収集がつかなくなりかねない。

色々言いましたけど作品としては意欲的で好きですよ。
ただ正統派ヒロインが好みな僕としては
こういった性格的に癖のあるタイプはどうしても一歩構えて見てしまうところがあるので
ラブコメとして思い入れを持てるかというと難しい気がします。
ちなみに今回のハイライトは会長ですね。
個人的には第三者から見て動揺している会長の描写が一番のツボでした。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。