スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの驚愕 前・後

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
(2011/05/25)
谷川 流

商品詳細を見る


よんだらサクッとレビュー上げようと思っていたんですが
いかんせん2冊分あったし尚且つシナリオが途中で分岐したりで
考えながら読んでたら結構な時間が経ってしまいましたが。

ちょっと細かいところまで書きます。以降ネタバレ有りなので一応隠します。
まあ発売から2週間くらい経ってるので今更だとは思いますが。


新入生の入団試験、そして入団してきたヤスミも含めた
何の変哲もない日常を送るαルート、
長門が寝込み佐々木チームの宇宙人・未来人・超能力者に対して
キョンが一人奮闘するβルートに分岐して…
というところまでは前巻の分裂で描かれていましたが
この分裂の正体は一体何なのか?どう収束するのか?
とういうのが本作最大の興味事項だったと思います。
分岐しながらもところどころで別ルートで似たような出来事が起こったり
分岐終盤には既視感を読者に、あるいは登場人物たちに感じさせたりと
このあたり、ただ単に分岐させるだけではなく
いずれ一本になるんだろうな、と思わせときながら
まだなのか、まだなのか、と読者にやきもきさせる感は谷川流ならでは。

たしか分裂発売直後、「本作では驚愕することが3つある」
みたいな事が編集から言われていた気がしますが3つどころじゃなかったです。
序盤からさっそくナイフでお馴染みのあの人が出てきたり
みくると藤原の関係だとか谷口のフラれた彼女の正体とか。
そして最後は新入部員、ヤスミの正体。その他諸々驚かされました。
まあ4年開いたからその間に多少の方向性が変わったりもあったんでしょうけど。

全体的にSF色の強い内容ではありますが最後はラブコメオチです。
何だかこの辺は第一作を踏襲した感じでしょうか。
ちょっと唐突な感じはありますよね。その上一回やっているので予測できるという。
かなり作者は落とし所に苦心したんじゃないでしょうか。


今巻最大のテーマはSOS団の結束力なんでしょう。
βパートでのかなり責任感・使命感を持って行動するキョンの様子だったり
終盤での古泉の表情・言動だったり。
なによりみくる(小)というファクターが未来人であるにも拘らず何も知らされていなかったり。
しかしその危うさこそ、逆により結束力が強めているのかな、と。
もちろん、長門やハルヒ本人が変わってきた、というのは言うまでもない。
また、キョンが放課後文芸部室に行くことがどれだけ自然なことになっているかが
(分裂していることもあってか)執拗に描かれているイメージがありますね。
何より最後の最後、SOS団1周年記念というイベントで締めるのは
その象徴とも言えるのではないでしょうか。

初巻からここまで(リリース的に)物理的に時間をかけ、
その間2度のアニメ化、そして映画化と
読者・視聴者とじっくり向き合ってきたコンテンツだけに
ハルヒやキョン達登場人物たちに限らず
僕ら読者も既にSOS団に対して大きな思い入れを持たされている気がします。
うん、まだまだハルヒをオワコンとは呼べない。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。