スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲けるエリアルフォース

花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)
(2011/02/18)
杉井 光

商品詳細を見る


ガガガ文庫初購入です。
杉井今月2冊目。これで半分。きがくるっている。

桜花で仁川でヒロインは苗字が無くて九段下で皇居で靖国で宮司が吉田さんです。
もう一言加えればヘタレ鈍感主人公とツンデレお姫様のボーイ・ミーツ・ガールです。
なんだ、つまりいつもの杉井か。

舞台は近未来の日本のようなところ。
日本と言い切ってしまうとなんか色々と危険だからやめておこう。
箱根を防衛線とした戦争に何も知らない中学生が
突然召集されてパイロットをやらされる感じです。
う~ん、あまり言いたくはないが、やはりエ○゙ァ的だなぁ。
元がヘタレだから(杉井だからしょうがない)
戦争に巻き込まれる中で
どうしてもウジウジしてしまうところがあって
途中で逃げ出すんだけど結局戻ってくるところとかも含めて。

ただ、そんなヘタレ主人公が結局"戦場"に戻ってくるのは
本作に限らず、杉井作品の大きな特徴であり
ある意味最大の見せ場なのかな、とも思います。
これはピアノソナタしかり、神メモしかり。


どうしても戦場描写を中心に見がちではありますが
桜の木がパイロット達の心を繋ぎとめる、
本来儚さの象徴ともいえる桜の花が
悠久の時に縛り付けられるというその切なさこそが
本作最大の魅力だと思いますね。
だからこそ、結末がこんなにも息が詰まるのだ。


アニメ化したら映えそうですね。
設定上かなりギリギリなので無理だと思いますが。さすがに。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。