スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料ⅩⅡ

狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


もうホント今更過ぎる気がします。
既刊かつ10巻以上進んでいるもののレビューなんて
何を書こうか。

とりあえず相変わらず腹の探り合いが最高です。
ホロとロレンスとのほんわかとしたやり取りはもちろんですが
ロレンスと他の商人達との探り合いがやはり面白い。
コレは一人称の小説ではどうしても出来ない描き方。
見事ですよね。
個人的には一人称の小説の方が好きなんですが
この作品ほど三人称を上手く生かしている作品は無いのではないかと。



ところでピアノソナタが電撃マ王で
いすなっちと仲良くコミカライズって本当ですか?
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

機材おじさん

Author:機材おじさん
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。