スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら荘のペットな彼女4

さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)
(2010/12/10)
鴨志田 一

商品詳細を見る


ラブコメってのはかくあるべきだなぁ…
新刊読むたびに毎回思いますが。

前回のように新キャラ登場させてテコ入れ!
というわけではないんですが、
これまで恋愛感情というものそのものを知らなかったましろが
段々と普通の高校生へと変化していきつつ、
またそれを中心にそれぞれの登場人物たちの変化していく様も
上手く描かれていますね。

そんな中でも前に進めていることもあれば
足踏みして苛立つこともあり。
人生ってそんなに上手くもいかないんですよね、
なーんてこともいつも通りの本作らしさかなと。

高校生って未来があって羨ましいと思いますよね。
何かに向けてひたむきに突き進む姿というのは美しい。
冒頭での文化祭のゲリラ上映シーンと
自分の作品を観客に伝えられたという、そこで空太が受けたもの。
表現者・創作者というのはこれを一度味わってしまったら
やめられないんですよね。

ただしそれがいつまでも続けられるかというとそうでもなくて。
千尋先生なんか正にそうなんですけど。
才能があっても、努力しても、それが花開き成功するとは限らないわけです。
それを諦められず、諦めなくてもいいのが学生で、
諦めてしまったらそこが大人の入り口なのかな、と。
この歳・この立場になってこそ感じるんでしょうけど。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。