僕は友達が少ない5

僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)
(2010/11/20)
平坂 読

商品詳細を見る


このラノで2位と大躍進したはがない。
まあ人気しそうな感じがするのは確かに分かりますが。
前衛的にコメディをやると最近は割と売れる気がします。
もちろん、その中でキャッチーさもいくらか必要なのではありますが。

バカテスにて秀吉が登場して以来
「男の娘」というジャンルが確立され
昨今では各作品に多用されるようになりましたが
(所謂「綾波系」が増えたのと同じ現象なのでしょう。
単なる流行に収まらず、傍流としてこの先も多々使われるのかと。)

女装している所謂男の娘が実は本当に女の子でって…
なにこのカオス。
大暴投もいいところですよ。斬新過ぎます。
今の若い子たちにはこういうのがウケるんだろうなぁ…
かくいう僕ですがここまで見事にやられると感心してしまいますが。

そんなこんなで本編の主な内容はあんまり覚えていません。
とりあえず概ねいつも通りだったんだと思います。多分。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード