スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき

子ひつじは迷わない  走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)
(2010/10/30)
玩具堂

商品詳細を見る


まさか2年連続で大賞が出るとは…
去年のときにも書きましたが
スニーカー大賞はかなりハードルが高いことで知られています。
そんな中で大賞をまた出してきたというのは
やはりスニーカーはタマが足りないのかな?と感じます。
実際去年のシュガー・ダークは初動こそ出ましたが
後がパッタリでしたからねぇ。続巻も未だに出ませんし。

その過ちは二度繰り返すまいと本作はかなり本気で売りにきています。
ラノベを売っていく上でどうしてもメディアミックスが一つの指標になるわけですが
受賞・発売時に既にドラマCD・コミカライズ決定ですと。
(しかも主演竹達。今年どれだけ売れているんだろうこの娘は。)


さて、肝心の本編の内容ですが
ストーリーとしてはそれほど強く惹きつけるものはないです。
それでも去年の肩透かしを経験している分
今年はそれほど期待していなかったので特に残念感も無かったですけどね。

とはいえ設定は良く練られていますし
受賞作だけあって舞台に新鮮味があります。
それでいてギミックの懲り方はこれはこれで秀逸。
短編数本が入っている中でそれぞれがそれぞれに伏線となっていたり
登場人物毎の思想がハッキリしていて
それが噛み合っていたり噛み合っていなかったりと面白いところ。

短編内でも一人称の視点がコロコロ変わるのですが
キャラクターそれぞれのパーソナリティが上手く描き分けられていますね。
メインヒロインも一見綾波系か?と思ったら
意外ともっと請った設定だったりします。


期待できる新人・新作だと思います。
上手く育って欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。