スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうかご百物語9

ほうかご百物語 9 (電撃文庫 み 12-9)ほうかご百物語 9 (電撃文庫 み 12-9)
(2010/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る


前巻で大祓編も終わり、バトルパートはひとまず終了。
今回が本編最後ということで、終始日常&ラブコメな感じです。
ともあれ、デビューからずっと追い続けてきた作品が
巻数を重ねて無事完結できるのは本当に感慨深いですね。

もともと文体もストーリーも安定していた峰守でしたが
最後までそれはブレず。いいラブコメで終わりました。
1巻からずっと張っていた伏線(というか、物語の根本となる最重要設定)も
無事に上手く回収した素晴しいハッピーエンドでした。
もっとも、長く作品を読んでいた読者は
僕を含めこうやって締めるんだろうとは予想できたところでしょうけど。
ただそれもおそらく1巻を書いている時点で、
つまりはデビュー前から作者は思い描いていたのではないかな、と。
そこに至るまでに設定に破綻が無く、しっかりと練り上げられていたのは
見事の一言です。

しかしこのシリーズ、本当に各キャラが良く動いてくれましたね。
真一や御崎みたいに元々個性が強かった連中はもちろんですが
シリーズを通じてイタチさんが人間界でほんの少し変わっていく様も
よく描かれていました。

本当に大団円。峰守には惜しみない拍手を贈りたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。