司書とハサミと短い鉛筆4

司書とハサミと短い鉛筆〈4〉 (電撃文庫)司書とハサミと短い鉛筆〈4〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
ゆうき りん

商品詳細を見る


さすがはベテランゆうきりん。
筆が安定しております。良くできていると思います。
主人公の本当に微妙な変化が見られてきましたが
これがどう<<奴>>との対決に繋がっていくのか、というのは
楽しみです。確かに。

ただひとつ。
<<>>の使い方がしつこいなぁ、と。
<<本>>とか<<奴>>みたいな一般名詞を固有名詞として使う場合はいいんですが
それ以外にもちょっと使いすぎな感じがね。

ただ最後のコスプレのシーンは
編集の趣味じゃね?これ要らなくね?な感じがしました。
最後に無理やりねじ込んだ感じが否めない。
本編で<<世界>>を大事にするって言ってるのが
まるで説得力なくなるんですが。なんだかなぁ。


ただ、いずれにしても僕は何かを創作していくっていう話、好きなんですね。
それは音楽であり、小説であり、演劇であり…
それこそが青春ですよ。僕がラノベに求めているのはそこなんでしょうたぶん。
サッカーやってた中学やバンドやってたころはともかく
何もやってなかった高校時代はもったいなかったなぁ…としみじみ思うのでした。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード