スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司書とハサミと短い鉛筆7

司書とハサミと短い鉛筆〈7〉 (電撃文庫)司書とハサミと短い鉛筆〈7〉 (電撃文庫)
(2010/08/10)
ゆうき りん

商品詳細を見る


最後までベタというか王道でした。
もっともその王道が90年代テイストなのがなんとも。
僕は嫌いじゃないんですが。

その辺が最近の若い子には受け入れられなかったのか
最後まで全然売れませんでした。
もったいないなぁ…
最近の奇をてらった作品よりも
よっぽど良作だと思うんですがね。

最近の(というか作品の始まった2年位前)流行を
取り入れようとして
パンツはいてない設定を盛り込んだのはいいですが
最後まで引っ張りすぎて完全に旬を逃した感は否めません。
どうせ結末まで90年代だったんですから
いらなかったんじゃないですかね。
どうしてもここだけ浮いてる気がするんですよねぇ…
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。