スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の八方

生徒会の八方  碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
葵 せきな

商品詳細を見る


とらドラ!もそうでしたが
高校生活一年を10冊に収めるのはラノベにおける黄金比だと思います。
このくらいが成長やらイベントとかをしっかり描けるんでしょうね。

さて、シリーズも終盤になってきて
どんどんデレ始めてきています。誰とはここでは言いませんが。
今回は普段の本編に比べると
シリアス成分多めだったんですが
いよいよ結末に向かって動き出した、というところでしょうか。
本シリーズの根本的な主題は「杉崎のハーレム思想及び周りの幸せ」だと思うのですが
杉崎も色々バカみたいなことやってるように見えて
その点では悩んで悩んで、でも筋を通していて。
今巻も結構行き先を見失いそうになりながらも、それでも前に進む姿が描かれており、
それとなく青春していて気持ちいいですよ。

しかし今回の本音を追記する、という手法は斬新過ぎる。
メタフィクショナルなコメディラノベだからこそ出来るものではありますが
しかもそれを生かして笑いをとりに行ってます。これはすごいです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。