スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料Ⅸ 対立の町(下)

狼と香辛料〈9〉対立の町(下) (電撃文庫)狼と香辛料〈9〉対立の町(下) (電撃文庫)
(2008/09/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


いすなっちはプロット組んでも
最終的に一話がどのくらいになるのか全く分からない作家なので
うっかり書いてたら上下巻になっちゃった!ってパターンですね。
しょっちゅうありそうな書き方してるけど実際はあんまりなくて、
ちゃんと1冊に収めてきます。このへんはさすがです。

サブタイトルの通り、川を挟んで北と南の町が間の三角州の利権を巡って争う展開です。
そこに前回から続く狼の骨の話と銅貨のトリックも合わせて
非常に話が複雑に絡み合っています。
その上終盤は二転三転と目まぐるしく展開し
どこに行き着くかが全く読めません。
良く出来たストーリーですよ。
それでも安心して読めるのはひとえにホロという存在の大きさ故ですね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。