スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料Ⅶ Side Colors

狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)
(2008/02/07)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


これでやっと半分かしら。今年のこのラノの投票くらいまでには追いつきたいですね。

さて、本編から少し外れた番外編です。
中編1本と短編2本。
ロレンスが居なかったりホロ視点だったり今までに無い形です。
そもそも僕が散々今まで言ってきたように
本作最大の魅力はロレンスとホロのやり取りであり、
それもロレンス視点で上手く丸め込まれている様子こそ、だと思うんですが
今巻はそれが少ないわけです。
かといって全く良い所無しかというとそうではなくて。
ロレンスが居なくてもホロはホロであるし
またホロから見たロレンスへの感情というのも今まで描写されたことも無かったので
新鮮味があってそれはそれでいいじゃない、と。


ちなみにどうでもいいことですが
1週間も更新が無かったことに自分でも驚きました。
GWの反動で仕事がちょっぴりキツイのと
G1ジョッキーばっかりやってるからですね。
平成元年スタートでいまようやくブルボン世代がクラシック戦ってる頃です。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。