スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣6

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)
(2009/04/30)
井上 堅二

商品詳細を見る


比較的短期間にまとめて読んでるせいかもしれませんが
なんか美少女どんどん上手くなってませんか?

ONとOFFのメリハリが作品内で効いていてとてもいいですね。
序盤から中盤にかけてのギャグパートはいつも通り笑わせてくれますし
バカたちが必死に頭を使って強敵3年生達に挑んでいくのも
よく練られていて面白いです。
ただ今巻においてはラストの明久(バカ)のスイッチが入った召喚獣バトルシーンこそハイライトでしょう。
ココだけはお笑い要素殆どなしの緊迫した描写が続きます。それも結構長い間。
バカテスシリーズ中こういった描写もなかったんじゃないでしょうか。
その緊張感と、序盤のゲラゲラ感のギャップこそが本作最大の魅力と言えるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。