スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料Ⅵ

狼と香辛料〈6〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈6〉 (電撃文庫)
(2007/12/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る



なんかあんまり考えずにダラダラ読んでしまったので
いつものよりもさらに浅いレビューになりそうですがご容赦を。

前巻のラストで出し抜かれて、時折損もしながら旅を続けていくんですね、
とか思ってたら取り戻しにいきましたよ。意地っ張りです。びっくりです。
まあ最終的には別の目的が出てくるんですけど。
ただ漫然とヨイツを目指すだけだった今までと違うということは
この巻が一つのターニングポイントになるのですかね。

商売らしい商売のネタは確かにありませんが
散々伏線を張っておきながら銅貨のトリックに気が付かなかったのが悔しいですね。
まあロレンスはまだ気が付いてないようなので(とはいえ素面だったらさすがに気づいているんでしょうが)
その点は「勝った!」と思いました。しょうもな。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。