スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料Ⅳ

狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)
(2007/02)
支倉 凍砂

商品詳細を見る



以前どこかで
「狼と香辛料は困ったらホロが巨大化して解決している」
という感想を読んだことがありました。
ちなみに1巻を読み始める前の話です。
水戸黄門で言う印籠的な意味ですね。
いわゆるパワープレイ。

本作をそんなイメージを持って読み始めましたが
意外に(4巻読了時点で)そんなパワープレイには頼ってないな、と感じました。
むしろ巨大化を一つのツールとして使っていて
根本的に解決していくのはロレンスの商人としての知恵なんだな、と。
今回もそんな使い方でした。

若い二人の方が必死に自分の故郷を守り通していく様が良いですね。
旅とは出会いの物語なのですよ。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。