スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外で弾くわけではないので家庭用アンプにも拘ってみる

先日ちょろっと書きましたが
我が家のFender Champion600君のスピーカーを交換します。
コイツはデフォルトでは6インチのFenderオリジナルスピーカーがのっています。
で、それをWeberのアルニコに換えてやるわけです。
個人的にFenderアンプにはJENSEN製スピーカー、というイメージがありますが
この6インチというサイズが曲者で。なかなか出回ってないんですよね。
頑張れば8インチでも入るらしいんですがまあ無理する必要もないか、と。
ネットを見てみるとこのWeber製、中々評判も良く、お値段も手頃(8000円しない)なのでこれに決定。
スピーカーのOUTは外部OUTも兼ねてフォン端子になっていますので
今回はそこからまとめて換えてやりましょう。

100_0285_convert_20100211222906.jpg
キャビからシャーシを外したところです。
今納まってるのが純正ですね。左がWeber製。
スピーカーケーブルも定番のウミヘビことBELDEN 9497とスイッチクラフトで自作してやります。

スピーカーを付け替え、バックパネルを閉じようとすると問題が。
Weberのスピーカーはマグネット部分が大きいため
パネルに付いている金属製の真空管カバーに干渉するんですよね。
選択肢は3つ。
1.カバーをつけない。
2.パネルの干渉部分をペンチでひん曲げる。
3.パネルをつけない。
3は音が変わってしまうでしょうからないか。
1でもいいんですけど付いてないとなんか精神衛生上良くないので2で決定。

100_0284_convert_20100211222930.jpg
何遍見ても素晴らしいルックスです。
自宅使用にはとってもちょうどいいサイズです。5Wオールチューブ。
都心の集合住宅ではデカイかもしれないですが田舎の一軒家では問題なし。
さて、肝心の音ですが元々の音が結構良かったので劇的な変化はない気がします。
気持ち中域が豊かになった気もしますが。TWINRIVERBのようなFenderトーンに少し近づいたかな?

一番効果があったのはVol.をフルまで上げても音が潰れなくなったことですね。
やっぱりチューブアンプはフルで鳴らしてなんぼですよ。
ついでにこちらも今までは音が潰れてしまいがちだったハムバッカーでも
まずまず綺麗に鳴るようになりました。まあそれでもMarsahll VS10の方が相性はいいかなとも思うんですが。

エージングが進めばまた変わってくるかもしれませんが
いずれにしても換えたこと自体は間違いなくプラスです。
やっぱりこれにストラトを直で突っ込んでやると気持ち良いったらありゃしない。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント



プロフィール

take1

Author:take1
ラノベヲタで競馬好きの鍵盤弾き
秀逸なものを紹介します。

中野梓
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
みんなの注目馬
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。