アイドライジング!3

アイドライジング!〈3〉 (電撃文庫)アイドライジング!〈3〉 (電撃文庫)
(2011/10/08)
広沢 サカキ

商品詳細を見る


まさかのこのラノ9位と
玄人には極めて評判がいいと評される今年の金賞3冊目。
今回は学生生活の定番ネタ、学園祭も絡めてのお話です。

いつにも増してキマシタワー展開が多目です。
少年向けレーベルでは受け入れら難いんですけど
本作においてはそこが主題ではなく、
あくまでデザート程度の役割なので気にすることではないです。


前2巻でずいずいと前に出ていたオリンが
学園祭でクラスメイトという立場なのにも関わらず
殆ど出番がありません。なんと不憫な。
その代わりと言っては何ですが、今回はタキさんがクローズアップされています。
アイドルの、そして人生の先輩として、
モモが進むべき道を切り開いてくれるタキさんに今回は痺れました。
そしてそれを汲んで、自分の目指すべき道を再認識し
最後の試合では負けはすれど笑顔の戻ってくる展開。
うん、やはり秀逸ですこの展開。
相変わらず周囲の描写なんかは雑なんですけど
それを補って余りあるストーリー性には目を見張るものがありますね。


どうでもいいけど、「タキさん」って書くと
渡鬼を思い出さずにはいられない。
ちなみにどちらかと言えば藤岡琢也な世代です。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード