生徒会の火種 碧陽学園生徒会黙示録3

生徒会の火種  碧陽学園生徒会黙示録3 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の火種 碧陽学園生徒会黙示録3 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/03/20)
葵 せきな

商品詳細を見る


何らかから感じたことっていうのは
時間が経つにつれて忘れていくんですよね。
何が言いたいかというと、読み終わったら早くレビュー書かないと
まともなものには絶対ならないということです。

そんなわけで火種です。黙示録のほうです。
最初の2本はコレが載っていたドラマガを何故か持っていたので既読だったんですが
やっぱり文庫の方が読みやすくていいです。

そして今回もお約束、パロディ、メタ、天丼…
その他作りこまれたギャグ要素がぎっしりです。
そんな中、この本で、やっぱりこの世界がというか
碧陽学園という学校が羨ましく思えるのは
黙示録のほうがより多くのモブが出てくる故に
学校の空気が濃く出るからでしょうか。
議事録では基本的に生徒会室内の話しかないですからね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学



プロフィール

(´・ω・`)らん豚

Author:(´・ω・`)らん豚
なんか色々なことがあったけど
落ち着くべきところに落ち着いたような気がする機材おじさん。
秀逸なものを紹介してました。

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード